老後にもらえるお金と使うお金

政府保証のある公的なお金は年金しかありません。

老後の収入が無くなった時に年金以外の収入が必要であれば、自分で準備しなければなりません。

国民年金の簡単な仕組み

会社員の場合国民年金と厚生年金に加入しています。

公務員の場合は、国民年金と共済年金に加入しています。

国民年金は20歳~60歳の日本に住む人は強制的に被保険者(お金を収める人)になります。

■制度の仕組み

通常年金の掛け金及び受取金(老齢基礎年金)は3階建て表現されます。

第1号被保険者
(自営業、無職、学生)
第2号被保険者
(会社員)
第3号被保険者
(第2号の配偶者)
3階部分 無し 企業年金
(企業が任意導入)
無し
2階部分 国民年金基金
(個人で任意加入)
厚生年金 無し
1階部分 基礎年金

仕事をしている人は「俺は国民年金に加入してない!厚生年金だけだ!」と言われる方が居るかもしれませんが、給料から控除される厚生年金の保険料には国民年金の保険料が含まれております。

従って、1階部分と2階部分に加入している事になります。

■掛け金ともらえる金額

色々なケースがあり、それによって受給額も異なります。

その当たりは「ねんきんネット」で各自の受給額を確認してもらえれば良いでしょう。

第1号被保険者(自営業、無職、学生など)
老齢年金 6万5千円
国民年金基金 1口 1万円~2万円
確定拠出年金 ?円

第2号被保険者(会社員、公務員など)
老齢年金 15万6千円
確定拠出年金 ?円

第3号被保険者(第2号の配偶者)
老齢年金 6万5千円
国民年金基金 不可
確定拠出年金 不可

老後に不自由ない暮らしをするのに必要となる金額は、月間30万円とも35万円とも言われます。

デイサービスなどのお世話になったりする事を考えると、もっと必要になるのかもしれません。

怖いですね・・・。

それにしては、公的年金の金額では全く不足しています。

更に年金制度の崩壊もささやかれており、掛金の上昇か、受給額の減少は避けられないかもしれません。

不足分を補う為の確定拠出年金

実際に必要になる金額はいくらかわかりませんが、間違いなく「収入がある」か「貯蓄を崩す」か「子供に養ってもらう」かのどれかでなければ、野垂れ死にます。

病院にも行けない状況になるかもしれません。

それには、目を背けずに今から準備する必要があります。

特に第1号被保険者の方は、自ら行動しなければ夫婦で12万円しか老齢年金が入りません。

自営業者は退職金も無いので、思ったような老後を過ごせないかもしれません。

■確定拠出年金

第1号の方は第2号と同じ程度の受給額(15万円程)にするには、国民年金基金に6万円以上掛けなければなりません。

それでも更に不足する分は、確定拠出年金を始めとする何らかの資産運用をしなければなりません。

確定拠出年金のいいところは、免税処置が受けられるところです。

利回りは、安全性重視であれば1%程が多いようですが、中には10%程の人もおり、リスクを取りながら効率を上げているのが分かります。

■目標利回り5%の融資型クラウドファンディングはどうだ!

比較的安全性の低い運用であれば、目標利回り5%の融資型クラウドファンディングでもいいと考えています。

⇒ 融資型クラウドファンディングの説明記事

確定拠出年金で含み損を出している人も数パーセントいるようです。

それであれば、リスク回避策もありますので融資型クラウドファンディングを選択するのも賢い方法だと思います。

何であれ、全て35歳までに準備した方がいい!

全てにおいて、40歳を過ぎると不利になります。

生命保険でも、国民年金基金でも。

40歳を過ぎると掛金が上がったり、受給時の金額が下がったりします。

もちろん20歳代で準備を進めるのが一番いいのですが、そこまでは考えられませんよね。

将来の事を少しずつ考え始める30歳代で、準備しきるのが一番です。

嘘だと思ったら、生命保険などのシミュレーションサイトで、自分の年齢を35歳と45歳の両方でシミュレーションしてみたら良いともいます。

年齢は後戻り出来ませんよ。

やるなら今からです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加