資産運用は若い時からのスタートが鉄則!

老後について心配する時期は、人によって異なります。

若い時には将来の事を考えずにかっ飛ばしていた人も、40歳になり周囲が引退後の貯蓄の話などをし始めると、少しずつ焦りが出始めたりもします。

では、老後に備えた資産運用はいつから始めるのがベストなタイミングでしょうか?

早ければ早い方がいい

備えは、早ければ早い方がいいのは間違いありません。

迷っているのなら、今から始めるべきです。

毎月一定額を貯蓄するのも良いですし、毎月一定額を資産運用に回すのでもいいでしょう。

今年入社した人であれば、最初の給料から始める気持ちを持ちましょう。

そして、若いうちに始めるのであれば貯蓄よりも資産運用です。

若いうちに始めるのが資産運用って?

貯蓄は自分でためたお金分しか溜りません。

特に、今の時代は顕著でしょう。

しかし、資産運用では自分のお金以上に増やす事ができるのです。

なぜ若いうちに資産運用を始めるのが良いかと言えば、長期運用できるからです。

長期運用できると言う事は、ローリスク&ローリターンな運用が可能です。

これが中高年に資産運用を始めると、どうしてもリターンを多くしなければならないので、多少なりともリスクの高い投資を行う必要が出てきます。

安全に運用できるという意味では、若いうちに資産運用を始める事ができれば一番です。

生命保険も若いうちに入る方が得

生命保険で考えても、若いうちに保険に入れば掛け金は少なくて済みます。

これが中高年になると、生命保険は掛け金が上がります。

私も20代で生命保険に入っておけばよかったのですが、もったいと考えて40歳直前に入りました。

そしたら払込期間の合計で計算したら、40歳前で生命保険に入った方がトータルの掛け金が高いんです。

これは失敗したと思いました。

しかし、取り返しがつかないので仕方ありません。

そんなの関係ないと思わずに、20代のうちから生命保険なども調べておきましょう。

若いうちに始める資産運用

債券投資

ローリスク&ローリターンな金融商品の代表は債券投資です。

これは元本保証まではいきませんが、公共債(国債や地方債)であれば問題発生する事は無いと考えても間違いないでしょう。

しかし、利息が低すぎます。

国債では年利0.05%

地方債でも0.1%程です。

これは安全性が高いので、大きな資産を持つ人が巨額を突っ込んで、大きな利息を手にするような運用方法でなければ無意味です。

地方債を1千万円で購入しても、年1万円しか増えません。

20代から60代まで40年間運用しても、40万円の利益にしかなりません。

これだったら、内職みたいな仕事した方がいいですよね・・・。

低額から始めるローリスク運用

同じようにお金を貸して利息を受け取るのですが、年利が目標5%と優れた運用もあります。

最近はやりの融資型クラウドファンディングです。

融資型クラウドファンディングの運用会社の一つであるクラウドバンクについて細かく記載されたブログがありましたので、参考にしてください。

当ブログでも後々説明してゆくと思いますが、同じような内容になるかもしれませんが参考までに紹介しておきます。

⇒ 融資型クラウドファンディングの説明

その他の金融商品

その他の金融商品はどうしてもリスクが高くなりますので、メインの資産運用に充てる事は避けましょう。

しかし、タイミングが合えばハイリスク商品でもおこずかい稼ぎくらいできるようになります。

FX

例えばFXですが、円相場は大凡80円~120円で変動します。

円高で1ドル100円や105円になった時に、ドル資産を増やしておくのです。

時間はかかるかもしれませんが、間違いなく110円に戻るタイミングはありますので、その時に円を買い戻します。

そして、もし円安にならなくても無駄にはなりません。

手持ちのドル資産は海外旅行に行った時に使ってしまえばいいんです。

株式投資

株式投資だって、どの企業もガクッと株価の落ちるタイミングがありますので、その時に株を買うのも良いでしょう。

余程の業績不振でない限り下落の続く事はありませんので、上がったタイミングで売り払います。

配当金や株主優待がある銘柄を購入しておけば、株価が上がらなくても保有し続ければ、長期的に損をする事も無いでしょう。

投資信託

投資信託は、FXや株式投資の様な、「もしダメだった場合でもメリットがある!」という商品ではありません。

プロに任せて分散投資し、ダメだったら元本割れ。

それだけのものです。

手数料(運用コスト)も高いので、あまりお勧めはしません。


このような、お小遣いを稼ぐ感覚で運用する投資は、余ったお金でやりましょう。

継続的に行うメインの資産運用は堅実に、投資のタイミングが合えばお小遣い稼ぎを楽しく。

で運用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加